畑鐵工所

APseries最もポピュラーで、ワイドバリエーション、フレキシビリティを追求した全自動打錠機

・研究・治験薬用 多品種少量生産に最適
・幅広い打錠形状に対応するGMP対応機
・豊富なオプションを準備
・有核錠/二層、三層錠用の専用打錠機

HT-AP-SS型 小型打錠機
幅広い打錠形状に対応するGMP対応機!

GMP対応 Good Manufacturing Practice医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準を満たしています。APシリーズ打錠機は、世界に先駆けてHATAが開発した医薬品業界におけるGMP対応機で、以来、幅広いユーザーニーズに対応し、高い評価と信頼性を得ている打錠機です。医薬品錠剤はもとより、食品、化学、電子部品などの成型に幅広く活用されています。

豊富なオプションを準備

オープンフィードシュー 深容量型DPフィーダ ※シリーズにより部品の形状が異なります。DPユニット(定量供給式攪拌フィーダ)や、錠重量制御装置、打錠工程管理システム(GIR-CON)、各種周辺機器など自由なオプション選択でき、これらとの連携でシステム化が容易に実現できます。 またAPシリーズ打錠機には、有核打錠機や積層打錠機もラインナップされており、無人化・FA化に十分に対応可能です。

MS-C 型 有核打錠機

本機は有核打錠をするための打錠機で、弊社独自の核錠供給機構により、高速安定打錠を行うことが可能です。また、無核錠検出機構には光電センサと圧力センサのダブルチェック方式を採用しています。


MS-LS-3L 型 積層打錠機

本機は積層打錠をするための打錠機で、二層錠、または三層錠の積層錠剤を生産することが可能です。また、各層毎の打錠圧力と本圧圧力を監視することにより、各層および1錠毎の錠重量制御ができます。

有核打錠機制御系統図 積層打錠機制御系統図
複式打錠機用錠剤転送方式
AP-LD 型複式打錠機

複式(ダブルタイプ)打錠機での錠剤の取り出しは、通常A側とB側に区別されて打錠機の正面側と後面側から排出されますが、弊社の打錠機は片面側に集中して取り出すことができます。

HT-AP-LD型 複式打錠機
AP-SS型打錠機、AP-LD型打錠機、AP-LS型打錠機
杵立数 15, 18, 22, 24本 45, 55, 65, 71本 45, 55, 65, 71本
打錠径 φ5~φ19㎜ φ5~φ19㎜ φ5~φ19㎜
充填深さ 最大18㎜ 最大18㎜ 最大18㎜
錠剤厚み 最大6㎜ (平錠) 最大6㎜ (平錠) 最大6㎜ (平錠)
打錠圧力 最大49KN (5Tonf) 最大49KN (5Tonf) 最大49KN (5Tonf)
回転数 20~70min-1 10~50min-1 20~70min-1
生産能力 最大100,800錠/時 最大426,000錠/時 最大298,200錠/時
主電動機 2.2㎾ 5.5㎾ 5.5㎾
回転盤PCD φ220㎜ φ665㎜ φ665㎜
外形寸法(W×D×H) 750×700
×1,595㎜
(但し、U仕様はH:1,625㎜)
1,200×1,100
×1,720㎜
(但し、U仕様はH:1,750㎜)
1,150×1,200
×1,720㎜
(但し、U仕様はH:1,750㎜)
本体重量 約1,300㎏ 約4,300㎏ 約3,800㎏
AP-MS-C型打錠機、AP-MS-LS-3L型打錠機
杵立数 32, 38, 44本 45, 55, 65, 71本
打錠径 φ5~φ19㎜ φ5~φ19㎜
充填深さ
下層最大8㎜ 上層最大15㎜ 一層最大6㎜ 二層最大9㎜ 三層最大12㎜
錠剤厚み 最大6㎜ (平錠) 最大6㎜ (平錠)
打錠圧力 最大49KN (5Tonf) 最大49KN (5Tonf)
回転数 10~35min-1 10~35min-1
生産能力 最大92,400錠/時 最大149,100錠/時
主電動機 3.7㎾ 5.5㎾
回転盤PCD φ460㎜ φ665㎜
外形寸法(W×D×H) 900×1,060×1,750㎜ 1,200×1,150×1,770㎜
本体重量 約2,800㎏ 約4,600㎏